OS X Yosemite 10.10.1の Wi-Fi 接続問題のトラブルシューティング

Troubleshooting OS X 10.10.1 Wi-Fi Connection Issuesより、OS X Yosemite 10.10.1にアップデート後も Wi-Fi 接続に問題があるときのトラブルシューティングをざっとご紹介。

新しくネットワーク環境を作成し、再起動する

何人かのユーザーが、アップデート後のWi-Fiトラブルを解決するにはOS X 10.10.1のアップデート後に単純に新しいネットワーク環境を作成するだけで十分だったことを発見した。

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を選択し、「ネットワーク」を開く
  2. このネットワークパネルの上のほうにある「ネットワーク環境」メニューから「ネットワーク環境を編集」を選択
  3. [+]ボタンをクリックして「OS X 10.10.1 Wi-Fi」等の新しネットワーク環境名を入力し「完了」をクリックしてネットワーク環境を作成
  4. 「ネットワーク名」横のメニューから希望のWi-Fiネットワークを選択し、いつものように接続する
  5. 「適用」をクリックし、システム環境設定を閉じる
  6. Macを再起動

あと、ウェブブラウザーのDNSのルックアップが遅かったりしたら手動でDNSを設定するといいとのこと。

SMC リセットをMacで実施

SMC リセットでWi-Fi問題が解決した方もいるようです。

休止(Inactivity)のためにWi-Fi接続がドロップされる? 単純なpingのキープアライブを試すといいかも

Inactivity(通信のこと?)のためにワイヤレスの接続が落ちることがあり、バックグラウンドでpingを飛ばし続けることで回避できるそう。明らかに通常の挙動ではないけど、回避策としては有効とのこと。

方法は、ターミナルを開いて

ping -i 5 -n IP

を実行し、これを開いたままにしておく。

IPは無線ルーターのIPで、たいていは192.168.0.1 や 192.168.1.1。もちろん外のIPにpingすることもできるけど、自分ちのルーターにしときましょ。

これ用のbashスクリプトもあるとのこと。

Wi-Fiは動作してるけどBluetoothと一緒に使うと遅い? 5GHz帯を使いましょう

これはYosemite関係なくなくないかな?

ルーター側で設定する必要があるけど、自宅のAirMacで最近接続に難があったのでためしたところ、断然つながりやすくなった。

以上、Troubleshooting OS X 10.10.1 Wi-Fi Connection Issuesからのご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です